収益化サイトアイキャッチ

ブログ 設定

【絶対必須!】初心者がブログ収益化に向けて無料登録すべきサイト5選

2021年2月15日

 

どうも、RyeChemです。

今回の記事はブログ・サイトで収益化を目指すにあたって、絶対に登録すべきサイトを紹介したいと思います。

 

基本的にはブログで収益化を図るにはサイト登録は必須となります。

そして、サイト登録はサイト作成後からすぐに行えますので、やらない理由はありません

もちろん一部は審査がありますが、審査自体は無料で何度でも行えますので、定期的に申請するとよいでしょう。

 

ブログ収入=広告収入』と言っても良いでしょう。

そのため、ブログ・販売元・ユーザーを介した収益化となります。

 

さて、この記事では

  • ブログで報酬を得る仕組み・種類
  • 登録すべきサイト・特徴

を順に説明したいと思います。

 

この記事を読めば、理解が深まりますので、すぐに行動に移しましょう。

 

ブログで報酬を得る仕組み・種類

まずは、ブログで報酬を得る仕組みを説明していきます。

実際、収益化を図る際の知識としては必須ではないのですが、理解を深めることで効率よく収益が得られる可能性があります。

 

ブログで報酬を得る仕組み

さて、ブログで報酬を得る仕組みですが、これは殆どの場合は広告収入です。

個人ブログ、団体サイトなど規模・用途に関わらず、サイトで収益化を図る場合は『広告収入』がメインです。

経路画像

販売元(広告主)または代理店(ASP)からの広告を個人ブログに掲載し、それをユーザーが閲覧する流れになります。

なので、ネットに無数に存在するサイト上に広告を掲載することで、販売元は世界中の人々に自社製品をPRできるのです。

タダで広告を掲載するのではブログ運営側にはメリットが存在しないので、報酬としてお金が発生する仕組みとされています。

 

報酬の種類

前述の通り、自身のサイトに広告を設定することで報酬が得られるのですが、その報酬を得る条件は主に3つ存在します。

報酬を得る条件

  • インプレッション型広告広告が表示された数に応じて報酬が支払われる
  • クリック型広告広告リンクをユーザーが踏んだ数に応じて報酬が支払われる
  • 成果報酬型広告広告した商品が売れた場合に報酬が支払われる

 

当然ですが、広告の報酬額は難易度が高いほど、単価が高く設定されています。

つまり、インプレッション型<クリック型<成果報酬型の順に報酬単価が高いです。

また、稼げるサイトの殆どが成果報酬型の収益に依存しています

 

なので、ブログ・サイトで稼ごうと思うのであれば、紹介する商品を購入するようにユーザーに強く訴求する必要があるのです。

訴求力の強い記事を書くには、まず自らが自身の記事を振り返った時に購買意欲が煽られるか、を基準にリライト作業を行っていくと良いでしょう。

 

 

登録すべきサイト・特徴

ブログの収益化に関して理解を深めた所で、次は収益化するためのサイト登録を紹介していきます。

収益化するための登録サイトはいくつかあるのですが、最初はこれからオススメするサイトだけで十分です。

 

これには、理由がいくつかあります。

  1. 収益化サイトが分散すると、現金化しづらい。
  2. 手数料が余分にかかり、収益化ロスが生まれる。
  3. オススメのサイトだけで殆どの広告を網羅できる。

各アフィリエイトサイトでは最低振込額が決まっており、収益がその最低額を超過しなければ現金化出来ません。

また、現金化には手数料が取られるサイトもあるので、サイトを分散すればするほどロスが生まれます。

そして、これから紹介するサイトだけであなたが紹介したい商品のほとんどを網羅出来るからです。

 

登録すべきサイト

初心者がサイトを作り終えて、真っ先に登録していくべきサイトは下記3つです。

  • ・A8.net
  • ・もしもアフィリエイト
  • ・Googleアドセンス

 

さて、それぞれの紹介に移っていきます。

 

A8.net:最低振込額1000円

A8.netはアフィリエイトサイトの最大手です。

満足度No.1に何年も連続して選ばれている、実績のあるサイトです。

ご自身のサイトで稼ぐ事を考えるなら、必須です。

 

A8.netの登録自体は無料かつ審査なしで可能なので、すぐに登録しましょう。

 

ブログ収益の殆どが成果報酬型の広告だという話をしました。

A8.netは成果報酬型のアフィリエイトサイトになります。

広告主とサイト運営者を繋ぐ中継の役割を果たすサービスASPと言いますが、その一種にあたります。

 

A8.netが提供する広告の一部には成果報酬型に加え、クリック型広告の機能があるモノもあります。

A8.netが提供する広告を自身のサイトで紹介する場合には報酬条件を確認すると良いでしょう。

また、広告の貼り付けはA8.netが生成する広告リンクコードを張り付けるだけでOKです。

 

もしもアフィリエイト

もしも画像

次はもしもアフィリエイトです。

もしもアフィリエイトもA8.netと同様にASPサイトで、主に成果報酬型広告を提供しています。

そして、サイト登録自体には無料かつ審査なしで登録可能です。

もしもアフィリエイトをお勧めする理由は汎用性の高さです

 

もしもアフィリエイトは『Yahoo!ショッピング』、『楽天ショッピング』、『Amazon』の商品広告を一度に貼れる特徴があります。

 

各々のユーザーが使用しているネットショッピングサイトは異なりますので、1つの広告にまとめることで利便性が確実に良くなります。

この形式を使う事でクリック率・購入率を向上させる事が可能でしょう。

 

また、もしもアフィリエイトには最低振込額が1円から、手数料が0円という大きなメリットがあります。

(※振込先の銀行により条件は異なる。)

 

収益が低い間は、最低振込額と手数料が大きく影響して来るので、その点ではもしもアフィリエイトはとても優しい条件と言えます。

 

Googleアドセンス

googleadsense画像

最後に、商品紹介をしなくても収益が得られるGoogleアドセンスを紹介します。

Googleアドセンスはクリック型広告です。

 

クリック型広告を提供する企業はいくつかあるのですが、その中でGoogleアドセンスは圧倒的にクリック単価が高いです。

また、Googleアドセンスが提供するクリック型広告は、サイト閲覧者のニーズに合わせた広告に自動で切り替わります。

つまり、サイト運営者がGoogleアドセンス広告をサイトの一部に設置しておくだけで、効率よく収益化が図れます。

商品紹介を行わなくても、サイトに訪れる人が多ければ、自然と収益があがる仕組みとなっています。

なので、広告を張る事でサイトに弊害が生まれる場合以外は、必須級の収益手段と言えます。

 

ただし、審査は厳しめですので、ある程度サイトの体裁が整ってなければ通らないです。

申請自体は無料で行え、拒絶理由も大まかに教えてくれるので、改善しつつ申請を繰り返すと良いでしょう。

 

ジャンル選定別のASP

上述した『A8.net』や『もしもアフィリエイト』は万能型です。

しかし、他にもあるジャンルで特化したASPが存在し、自身のブログの方向性によってはマッチするでしょう。

 

アクセストレード:金融関係に強み

アフィリエイトのアクセストレード

 

アクセストレードは金融関係に強みを持ったASPです。

例えば、銀行口座、証券、投資など。

ただし、金融関係は単価が高い分、競争率が高く収益に結び付けづらいかも知れませんね。

ブログのジャンル選定が金融関係に寄っているのであれば是非挑戦してみましょう。

 

バリューコマース:旅行系にオススメ

旅行系ブログで、予約サイト等を掲載するのに便利なのが『バリューコマース』

複数の予約サイトを統括しているので、列挙して紹介しやすいですね。

 

まとめ

  • ブログ収益』=『広告収入
  • 広告収入報酬には3種類の形がある
  • ブログ収益は成果報酬型に依存しがち
  • オススメサイトは『A8.net』、『もしもアフィリエイト』、『Googleアドセンス

 

-ブログ, 設定
-, , , ,

© 2022 RyeChem Blog Powered by AFFINGER5