化学メーカー勤務で年収1000万円は到達可能?

化学・研究職 化学メーカー 就活・転職 会社・社会の情報

【裏側公開】化学メーカー年収1000万は到達可能?部長クラスor課長クラス?

 

どうも、RyeChemです。

今回の記事は【裏側公開、化学メーカー年収1000万は到達可能?部長クラスor課長クラス?】です。

 

就活・転職では労働条件・待遇は気になるポイントでしょう。

従業員は労働で貢献し、その対価として得られる待遇は働きに見合ったものでなくてはなりません。

特に年収は数値として一目瞭然であるので、皆さん最重要視する項目ではないかと思います。

その中で、一度は夢見るであろう会社員としての大台“年収1000万”は化学メーカーで到達可能なのでしょうか?

今回の記事ではそんな年収1000万の到達可否という点に着目して解説していきます。

 

けむぱんだ
今回の記事はこんな方にオススメ!

  • 化学メーカーの給与水準を知りたい方
  • 就活・転職で化学業界に興味を持つ方
  • 意地でも年収1000万を将来的に掴みたい方

 

“化学メーカーの年齢別給与の目安”が知りたい方は一番下の記事リンクからどうぞ!

では、早速解説していきますよ!

 

企業の年収を知るポイント

ポイント

皆さん、自分の興味ある業界・企業を調べる際には“四季報”や“年収サイト”をお使いのことでしょう。

企業によって年収が大きく差異があるのを見て、一喜一憂することと思います。

まず、化学メーカーで1000万到達の可否を解説する前に大前提を話します。

 

実は年収は業界に依存する

年収に関する情報をネット上あるいは四季報を使って収集すると、各企業大きく年収が異なります。

それは同じ業界であっても、そのように“見えてしまいます”。

なので、見えてこない、あまり意識しない落とし穴が1つ。

ポイント

それは、年収は業界に依存するということ。

 

例えば、無形のサービスを売る業界と有形のモノを売るメーカー等には大きな隔たりがあります。

必要人件費も違えば、商品に係るコストも違う。

それに伴って売り上げに対する利益、つまり利益率が違う。

業界が異なれば、その業界属する従業員に対した待遇が異なるのが理解できるでしょう。

基本的に年収は業界に依存し、大きく左右することを認識する必要があります。

 

化学メーカーの年収は平均的

では、化学業界に属する化学メーカーの年収は他業界と比較するとどうでしょうか。

化学メーカーの平均年収は全業界の中でも平均的です。

保険金融やIT、広告業などに属する大手企業のような高給取りでは決してありません。

ただし、化学メーカーは比較的福利厚生に恵まれている企業が多いことは大きなメリットとして挙げられます。

支出の軽減に直接繋がる福利厚生は、実質第二の年収と言ってよいほど影響します。

その点を含めれば、平均よりは幾分マシかもしれません。

 

四季報・年収サイト記載の年収には注意

四季報・年収サイト記載の年収を見る際には、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

  • 平均年齢が違う
  • 平均残業時間が違う
  • 総合職と一般職の割合が違う、など

企業の平均年収は様々な要素が複合して、成り立っている数値です。

つまり企業年収の単純比較は難しい、ということです。

ただし、実際には業界と会社規模が同じであれば似たような年収になる傾向にあります。

 

四季報の平均年収を見る際の注意点はコチラから!

【就活】“就活四季報”の年収だけで判断NGな4つの理由

  どうも、RyeChemです! 今回の記事では就活の定番“四季報”に掲載されている年収で一喜一憂して企業選びをしてはいけない理由についてです。   あ、別に四季報のデータが間違っ ...

続きを見る

 

化学メーカーで年収1000万円は到達できる?

年収1000万円到達

では、本題の化学メーカーで年収1000万円到達可否に関して解説していきます。

上述の通り、同じ業界であれば労働条件は似たり寄ったりになる傾向にあります。

特に、化学メーカーは年功序列主義の企業が非常に多いので、企業間の差・個人差は生まれにくいです

結論から言えば、化学メーカーで年収1000万円到達は十分可能です。

 

大手企業であれば課長クラスで年収1000万

化学メーカーでは大手企業であれば課長クラスで年収1000万前後頂くことができます。

課長クラスと言えば、化学メーカーの殆どは40歳前後に到達します。

40歳1000万が1つの目安と言えます。

ちなみに、大卒院卒が順調に課長へ昇格できるのは約半数以下の企業が多いようです。

※弊社も例に違わず、当てはまります。

半数と聞いて不安になる方も多いでしょうが、安心してください。

課長への昇格面談に数年落ちた後、忖度で課長になれるケースも往々にしてあります。

最終的には大抵の総合職採用者が望めば課長クラスになれてしまうわけです。

これが、年功序列の強みですね。

 

大手除く大企業では部長クラスで年収1000万

化学メーカーの大手企業除く、一定規模の上場企業は部長クラスで年収1000万到達が一般的

基本的に上場企業の化学メーカー群で年収1000万円到達は可能ということになります。

ただし、大手企業以外の場合には年収1000万円到達には部長クラスに昇格する必要があります。

年功序列企業が多い化学業界ですが、管理職以後の昇格は基本的には成果依存です。

つまり課長から部長は誰しもがなれるわけではなく、狭き門を超える必要があります。

総合職採用の同期の1割が部長クラスに到達できるイメージです。

 

勿論、大手企業でなくとも大手水準の給与が貰える企業は存在します。

〇〇化学とか日本〇〇などは中堅企業でありながら、大手水準の給与ですから。

ただ、当たり前ですが大手企業に入社したほうが圧倒的に届きやすくはなりますね。

 

まとめ

  • 化学メーカー就職で年収1000万円は十分可能!
  • 大手企業では課長クラスで年収1000万円前後が目安
  • 大手除く大企業では部長クラスで年収1000万到達が目安

 

“化学メーカーの年齢別給与の目安”の記事はコチラから!

化学メーカー(総合職)給与水準アイキャッチ
【年代別平均年収】化学メーカー(総合職)の給与水準は上位10%水準!?現研究職が公開

  どうも、RyeChemです! 今回の記事は化学メーカーの給与水準大公開です。   就活や転職をする際に労働条件、特に給与は非常に大切なパラメータでしょう。 給与は業界に大きく依 ...

続きを見る

 

-化学・研究職, 化学メーカー, 就活・転職, 会社・社会の情報
-,

© 2022 RyeChem Blog Powered by AFFINGER5