化学系資格実用度アイキャッチ

化学・研究職 化学メーカー 就活・転職 資格

【完全版】化学系資格+αの“実用度”ランキング7選!研究職が実務と併せて解説!

2021年6月27日

 

どうも、RyeChemです!

今回の記事は化学系で実用度の高い資格ランキングを発表していきます。

 

けむぱんだ
今回の記事はこんな方にオススメ!

  • 化学系企業への就職・転職を考えている
  • 化学系の学生で何か資格を取りたい
  • 化学系企業に勤めており何らかの資格を取りたい

 

化学系でどの資格を取れば実用的かが分からない…。

という方多いのではないでしょうか?

数多くのサイトで化学系資格は紹介されているものの、業務面から見る実用度に関してはあまり記載されていないですよね。

(本職の方が紹介しているかも怪しい…(笑))

全部取得するつもりなら良いですが、部分的にであれば使える資格を取りたいですよね。

 

化学系の必須資格というのは少なく、実際業務的に実用的である資格はかなり絞られます。

私は大手化学メーカー研究職として工業化改良研究探索研究知財関係のテーマに若くして携わらせて頂いてます。

 

その中で私が実用的と感じた資格をランキング形式で紹介したいと思います。

化学系資格の実用度ランキング

  • 危険物取扱者(甲種)
  • QC検定(2・3級)
  • 知的財産管理技能検定
  • TOEIC
  • 高圧ガス製造保安責任者
  • 公害防止管理者
  • エネルギー管理士

 

なので、現在または将来的に化学系の道に触れる方たちの参考になればと思います。

 

1. 危険物取扱者(甲種)・・・実用度:必須級

危険物画像

まず真っ先に紹介するのが危険物取扱者(甲種)です。

ココがおすすめ

危険物取扱者を必須級とする理由。

化学系企業では日常業務の中で危険物は頻繁に使うからです。

これは研究職に限らず、品質保証や分析、現場でも部署限らず使用します。

そのため一番実用度が高いと言えば危険物取扱者になるでしょう。

 

中でも危険物取扱者(甲種)をオススメします。

危険物取扱者には丙種・乙種・甲種の3つの区分があり、それぞれ取り扱える危険物の範囲が変わってきます。

甲種が一番取り扱える範囲が広く、上位互換です。

甲種の受験には受験資格を満たす必要がありますが、化学系出身であれば殆どの方は受験資格を満たしているはず。

化学系企業で取り扱う危険物の範囲は広いため、フルカバー出来る甲種を取得する選択肢以外は正直ないです。

難易度も他の化学系資格の中では最も簡単な部類と言えるので是非甲種を受験しましょう。

 

危険物取扱者の資格概要(難易度・合格率等)はコチラを参考に。

危険物取扱者概要アイキャッチ
【資格】危険物取扱者『乙種4類』と『甲種』の概要・用途・合格率

  どうもRyeChemです。 今回の記事では、汎用性の高い資格である危険物取扱者の概要を解説していきます。 特に、取る価値がある『乙種4類』と『甲種』に焦点を絞っていきます。   ...

続きを見る

 

2. QC検定・・・実用度:常用級

QC検定画像

次に紹介するのが『QC検定』

あまり馴染みない方も多いでしょうが、この資格はかなり実用的です。

他サイトで良く紹介される『高圧ガス製造保安責任者』・『公害防止管理者』よりも遥かに使えます。

そして、あまりQC検定が紹介されていないので謎なのですが、むしろラッキーです。

就活や転職で他の方と差別化を図れるのですから。

 

ココがポイント

QC検定を常用級とする理由。

  • 品質保証・管理・分析ではQC検定がドンピシャで効くので必須級。
  • 上記以外の研究職などでも実験計画・データ整理で日常的に使える。

 

QC検定は年々受験者も増加しており、その必要性が認知され始めています。

それもそのはず。QC検定で学べるQC七つ道具や統計的な知識は日常的に数値を扱う化学系企業では適用範囲が広いです。

QCと聞けば、「Quality Control」なので品質管理系しか使えないと思うのは間違い

 

例えば研究目線で言えば、

  • 説得力のあるデータを示すためには何回再現性を取る必要があるか
  • 根拠を示すために何のデータを補完すべきか。
  • 数値の取り扱いに間違いはないか?正しい統計まで意識出来ているか?

など、日常的に考える必要があります。

実験はかなり時間的な拘束が大きく、律速段階でもある為、効率的な実験計画によるテーマ推進が何よりも重要です。

QC検定の知識は間違いなくそれを補ってくれるでしょう。

 

QC検定は民間資格(=国家資格でない)であるため、以前は評価されにくかった面があります。

しかしながら、私の会社も含めQC検定を評価する企業、特にメーカーでは増加しており就活・転職でも十分有利に働きます。

取得を目指すなら出来れば2級がオススメです。

QC検定の資格概要(合格率・難易度・用途)紹介
【QC検定】“2級・3級”の用途・合格率・難易度の資格概要を徹底解説!

  どうも、RyeChemです! 今回の記事は【QC検定2級・3級の用途・合格率・難易度等の資格概要解説】になります。   けむぱんだ今回の記事はこんな方にオススメ! メーカー志望 ...

続きを見る

 

3. 知的財産管理技能検定・・・実用度:あると便利

知的財産管理技能検定画像

化学系資格ではないのですが、使えるのが『知的財産管理技能検定』です。

 

化学系企業の多くは製造業であり、モノづくりと知財権は密接な関わりがあります。

どれだけ偉大な発明をしようとも、知財権が強くなければ価値・利益は激減します。

今後製造業の会社群が生き残るには“世界と戦えるか“が鍵となります。

国内市場は衰退の一途を辿り、企業としての成長を見込むなら海外市場でシェアを握る必要性があります。

その中で知財戦略はかなり熾烈で、訴訟問題に発展するのは普通にある事です。

それほどまでに、強く・広い知財権を握る事がキーとなってきます。

 

ココがおすすめ

知的財産管理技能検定はあると便利な理由は。

  • モノづくりに知財権への理解は必須級。
  • 研究職であれば常に意識しなければいけない事柄。

 

基本的に研究職の方に知的財産管理技能検定はオススメです。

大手には確実に知的財産部という専門の部署がありますが、研究としても持つべき知識です。

 

研究の業務の中には…。

  • 公知か否かを知るための特許クリアランス
  • 自社特許の侵害を調査する為のクリアランス
  • 探索・改良のアイデアとして特許調査

が日常的にあるので、知的財産の知識は確実に使える。

また、その業務を行う上で何も知らずにただ特許に触れるだけでは勿体ないです。

基礎的な知識や周辺知識を入れた上で実務として経験する方が遥かに成長できます。

 

もし取得を目指すのであれば2級をオススメします。

ただ文系色の強い試験なので、保険を掛けるのであれば3級からどうぞ。

 

知的財産管理技能検定の概要(合格率・難易度等)はコチラから。

【資格】知的財産管理技能検定『2・3級』の概要・用途・合格率

  どうも、RyeChemです。 今回の記事ではメーカーでは非常に価値ある知的財産管理技能検定の試験概要・用途・合格率について触れて行きます。   知的財産管理技能検定は近年、非常 ...

続きを見る

 

4. TOEIC・・・実用度:あると便利

TOEIC画像

TOEICの実用度に関しては皆が知る所だと思います。

日本で一番普遍的な英語力の指標とされる資格であり、就活や転職でもかなり有効ですよね。

 

ココがおすすめ

TOEICがあると便利な理由。

  • 企業成長には海外市場の掌握が必要不可欠でグローバル化はさらに加速。
  • 人の英語力を測る物差しとしてTOEICスコアが一番浸透しているから。

 

研究職との実務上のつながり

  • 論文や海外特許を読むとき
  • 海外支社、支店に出張する時

正直、中小であればそれほど英語力は必要としない可能性もあります。

大手であっても部署によっては海外市場を狙わないテーマもあるので英語力をそれほど必要としないかも。

私も学生時代に論文を読み漁ってた時の方が英語に触れる機会は多かったです。

 

しかしながら、グローバル化が加速し企業成長には海外市場への移行が必須となる現代。

その中で英語能力の向上は目指すべきですし、就活や転職でも腐る事はないです。

 

TOEICハイスコアでも喋られなきゃ意味がないじゃん

という意見は多く見受けられますが、私はこの意見には否定的です。

勿論、TOEICにはスピーキングの試験はないのでハイスコアでも喋れない方は多くいるのは事実です。

しかしながら、英語でコミュニケーションを円滑に図るため、TOEIC程度のリスニングはハイスコアを取れて当然かと思います。

ポイント

TOEICハイスコアで喋れない人はいても、TOEICロースコアでコミュニケーション取れる人はいないという事です。

ここでいう“コミュニケーションを取る”は“会話のキャッチボールが成立する水準”を指します。

 

学生時代から計7回の受験で平均スコア560点だった私が、勉強期間たった2ヶ月で840点取得した方法も参考にしてくださいね。

ガクチカの書き方と選び方
【エントリーシート】就活の基本“ガクチカ”の書き方と選び方

  どうも、RyeChemです! 今回の記事は【エントリーシート:就活の基本“ガクチカ”の書き方と選び方】です。   “ガクチカ”とは『学生時代に力を入れたこと』のこと。 各社の採 ...

続きを見る

 

5. 高圧ガス製造保安責任者・・・実用度:必要に応じて取得

高圧ガス製造保安責任者画像

良く紹介される化学系の国家資格の一角である『高圧ガス製造保安責任者』

実用度の観点から言えばやや劣ります。

高圧ガス製造保安責任者が必要な職場は主に現場で、それも管理職として指揮するレベルでは必須級です。

しかしながら私のような研究職場ではそれほど必要としません

 

ココがおすすめ

高圧ガス製造保安責任者が必要に応じて取得するレベルの理由。

  • 研究職ではあまり資格取得の意義・知識上必要とする機会がない。
  • 企業によっては資格取得が昇級・昇格の条件の場合有。

 

取得する意義として大きいのは

  • 業務上、資格取得の必要性が生じた場合
  • 資格取得が昇級・昇格の条件でいずれ取る必要がある場合

かと思います。

実用度の観点から言えば、前もって取得しておくよりは必要に応じて取得を目指すレベルかなと思います。

ただ、結構重ための資格なので勉強する習慣が抜けない若手の内に取得をするのはアリです。

 

爆発限界など使えなくもない、知っておくと多少は良い知識がある分この順位としています。

 

ただ、学生の内から取得する必要はありません

勿論あるに越したことはないですが、資格取得に掛かる労力と費用を考えた場合に他の資格取得を目指した方が良いでしょう。

 

高圧ガス製造保安責任者の概要(合格率・難易度等)はコチラから。

高圧ガス製造保安責任者アウトライン
【すぐ分かる】高圧ガス製造保安責任者の難易度・合格率・用途は!?

  どうも、RyeChemです。 今回の記事では、国家資格である高圧ガス製造保安責任者の用途や試験概要等に関して記載していきます。   高圧ガス製造保安責任者は使う用途は限られてい ...

続きを見る

 

6. 公害防止管理者・・・実用度:必要に応じて取得

公害防止管理者画像

高圧ガス製造保安責任者同様に数少ない化学系の国家資格として紹介されるのが『公害防止管理者』です。

こちらも実用度の観点から言えば劣ります。

勿論、公害防止管理者の資格が必要な職務が存在するのですが…。

研究・品証・分析・現場等に所属する方の皆が必要かと言えばNOです。

 

ココがおすすめ

公害防止管理者が必要に応じて取得するレベルの理由。

  • 研究職ではあまり資格取得の意義・知識上必要とする機会がない。
  • 企業によっては資格取得が昇級・昇格の条件の場合有。

 

まあ、高圧ガス製造保安責任者と同じ立ち位置かなと思います。

数少ない化学系資格なので、化学企業では昇級・昇格の条件として採用されている場合も少なくないです。

そのため、必要に応じて取得を目指しましょう。

 

研究職の観点から言えば、

業務上、公害防止管理者の知識が必要になったことは“ゼロ”です。

法律に関しては社則で知らぬうちに組み込まれていて、自然と扱ってるかもレベルですね。

 

公害防止管理者の概要(難易度・合格率等)はコチラから。

【資格概要】『公害防止管理者水質・大気』の用途・合格率・難易度・概要まとめ

  どうも、RyeChemです! 今回の記事では公害防止管理者の水質関係、大気関係に関して試験概要を説明していきます。   けむぱんだこの記事はこんな方にオススメするよ! 就活や転 ...

続きを見る

 

7. エネルギー管理士・・・実用度:必要に応じて取得

エネルギー管理士画像

最後に紹介するのはエネルギー管理士。

高圧ガス製造保安責任者、公害防止管理者と少し毛色が違い、研究職としてはさらに適用範囲は狭まります。

化学系企業の中でも現場、特に保全の方たちに利いてくる資格です。

 

研究職で昇級・昇格の条件に設定されている事も少ないです。

  • 設備的な知識が欲しい、または必要部署への異動を考えている。
  • 熱・電気的な知識が必要な企業への転職。

これらの場合には取得する意義があると思われます。

 

私はエネルギー管理士を取得しましたが、業務上で全く知識としては使用していません。

 

まとめ

  • 化学系の資格は数少なく、その中でも実用的な資格はさらに絞られる。
  • 良く紹介される『高圧ガス製造保安責任者』や『公害防止管理者』以上に化学系で実務的に使える資格は有り!
  • 資格取得難易度を考えると、『危険物取扱者』・『QC検定』・『知的財産管理技能検定(研究職のみ)』がオススメ!

 

化学系資格の取得難易度ランキングはコチラから。

【完全版】使える化学系資格の“難易度“ランキング7選!全て実体験を基に解説!

  どうも、RyeChemです! 今回の記事では実務と関連度の高い化学系資格+αの7選を “難易度” に絞ってランキング形式でご紹介!   けむぱんだ今回の記事はこんな方にオススメ ...

続きを見る

-化学・研究職, 化学メーカー, 就活・転職, 資格
-, , , , ,

© 2022 RyeChem Blog Powered by AFFINGER5